ファクタリングのメリットとデメリット

活用のメリットが多数

ファクタリングは近年注目されているサービスの1つで、特に売掛金などの債権を多く所有している企業や会社にとっては大きな魅力があるだろう。売掛金などは本来期日までに支払えば良いという名目で義務を課すことのできるものだ。

しかし、実際には経営している業者によって「支払いまでもう少し待っていただけないだろうか」という打診を受けることもある。当然だが取引している手前、そこは経営が厳しくとも承諾せざるを得ない状況もあるかもしれない。

そんな状況を打破してくれるのがファクタリングというサービスだ。近年はファクタリング業者も多くなり、より売掛金などを即日で現金化することが可能となっている。溜まった売掛金は管理が面倒ということもあり、実は手間のかかるものだったりする。

それならばファクタリング業者に対応してもらい、現金にしてしまった方が良い可能性もある。まずはファクタリングのメリットを知り、上手に使っていくことが必要となるだろう。下記、ファクタリングが持つ大きなメリットを紹介する。

主なメリット

ファクタリング業者が掲げる主なメリットにはいくつかのポイントがある。まずはそちらを確認しておくことによって、ファクタリングを活用すべきかどうか考えてみてほしい。売掛金が多いところほど、きっと役に立つだろう。

まず、ファクタリング業者の多くは最短即日で現金化をすることができるのが大きなメリットとなる。そもそも現金が必要だからこそファクタリングを利用するわけなので、最短即日で対応してもらえるというのはかなり心強いだろう。

最近では全国対応・来店不要・即日対応可能な即日ファクタリングが増えており、資金調達という大きな悩みを解決してくれるようになった。

即日ファクタリングで人気が高いのがファクタリング福岡でzeroというファクタリング業者があります。事前のネット評判では口コミ等も上々で「不当な手数料」「個人情報の流出や悪用」など一切ありませんでした。優良企業の証であるホームページやホームページに本拠地もきちんと掲載されています。

ファクタリングの魅力

信用情報への悪影響がないのもファクタリングの魅力と言える。そもそもファクタリングは借金などとは性質の違うものである。あくまでも本来持っている売掛金などの債権を譲渡して現金にしてもらうというものだ。だからこそ、信用情報に与える悪影響もないと言って良いだろう。

その他、銀行融資よりも緩い審査となっている点にも注目したい。本来即日で現金を手に入れることができるキャッシングなどもそうなのだが、これらのサービスには基本的に審査がある。しかし、ファクタリングは審査も非常に通りやすい性質を持っている。

さらには取引先が倒産しても回収義務がないことはもちろん、担保や保証人がいなくても利用可能など、ファクタリングには利用するに値するだけのメリットがいくつもある。資金繰りはもちろん、単純に現金が必要という時には利用してみてはいかがだろうか。

ファクタリングを利用するデメリット

ファクタリングを利用しようと思っている人も多いと思うが、しっかりとデメリットを確認しておくことは重要だ。ファクタリングは簡単に言えば現金化の一種で非常に便利なサービスとなっている。しかし、ただ便利なだけなのかといえばそうではなく、利用の際には頭の片隅に入れておきたいことも多い。

活用する前にデメリットを確認

何も知らずに使っていると後々後悔することになるため、そこはデメリットも事前に確認しておくようにしよう。そうすることによって、より安心した生活を手に入れることができるのではないだろうか。

現金が必要となった際には現金化は便利で、上手に使えばファクタリングも活用しやすいサービスであることは間違いない。

ただ、適当に使うのではなく、できれば予定を明確にして使っていくことをおすすめする。本来は売掛金などの現金化に使われるファクタリングだが、それほど現金が足りない状況で経営を続けていくのはリスクがあることも忘れてはならない。

なお、以下でよりファクタリングの具体的なデメリットを解説するので、ぜひ参考にしてもらいたい。

主なデメリット

ファクタリングの主なデメリットとして考えられるのが、他の融資方法に比べて手数料が高いということだろう。これは真っ先に考えておくことが必要となる。単純に現金化のサービスは多種多様なものが多くなっているが、その中でもファクタリングの手数料は未だに高いのが特徴となっている。

普通に使おうと思っても、手数料だけで意外とかかってしまうことも多いため、そこは手元に入ってくる現金がどれくらいになるのかを把握しておきたいところだろう。

また、ファクタリングは債権譲渡登記などによって利用した痕跡が発覚してしまうという特性を持っている。売掛金などの債権を譲渡する際には登記しなくてはならないが、ファクタリングを利用すればその情報が残ってしまう。それがバレると考えると、特に法人はもちろん個人もあまり良い状況とは言えないかもしれない。

その他には売掛金の買取ができるかどうかは取引先の信用情報に依存することや悪徳業者と優良業者の見分け方が難しいこと、債務不履行などのデフォルトリスクがあることなどもデメリットと言えるかもしれない。

これらのファクタリングのデメリットは事前に知っておくことで回避することもできるため、よく考えてから利用するようにしよう。利用はしっかりとした計画を持っておくように。そうすればよりファクタリングを便利に利用していくことができるのではないだろうか。